【日光対策】日焼けがそれほど魅力的でないことに気づいている?

紫外線対策

【日光対策】日焼けがそれほど魅力的でないことに気づいている?

肌の色の流行は変化している

20世紀は、日焼けがオシャレだとされた

有名な話ですが、ココ・シャネルが南仏のサン・トロペで、地中海の太陽で褐色に焼けた肌で、クルーザーから降りてきたのを見て、褐色の肌がオシャレだとされるようになりました。
それまでは流行に敏感な人たちの間では、白い肌がもてはやされていました。
農作業で日焼けしていたが、産業革命のおかげで、すっかり色白の工場労働者が増えました。
そこで、今度は日焼けしたトレンドになり、20世紀中はその流行が続いた。

しかし、肌の流行は再び変化しつつあります。太陽がお肌に与える影響が解明されてくるにつれ、日焼けは、結局それほど魅力的でないことに気づき始めています。

雑誌の美容記事編集者、皮膚科医たちが、自然の肌の色が一番良いと説いて回っています。
そのため、日焼けを控える人たちが増えてきています。

スキンケアの専門家が日光が危険だと脅すのはなぜ?

ダメージを与える太陽光線

太陽光線は、短波長で高エネルギーの光線である宇宙線、ガンマ線、X線から、長波長で低エネルギーの紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波、ラジオ波まで、すべて毎秒30万キロの速さでまっすぐな線として地球に届きます。大気を通過する光線の中では、紫外線と赤外線だけが皮膚に有害であることは知られています。

紫外線 (UV)の波長範囲は190−400ナノメートル (nm)であり、便宜上、A波 (340- 400nm)、B波 (320-340nm)、C波 (280nm以下)の三つに区分されます。

太陽から地球に届くのは波長290nm以上の光線だけです。
UVCは、宇宙線、ガンマ線、X線と同様に成層圏、特にオゾン層によって遮断されますが、これは幸いなことで、UVCはDNAを変異させるからです。紫外線と赤外線は地表まで届き、皮膚を透過します。
具体的には、UVBは表皮、UVAは真皮、赤外線は皮下組織まで届きます。

UVB (燃焼光線)

UVBの作用は多方面にわたります。皮膚表面では、UVBは保護効果のある脂質を過酸化物に変えて、防壁機能を低下させます。しかし、脱水作用はまだ初期段階です。UVBの20%だけが表皮中層まで届き、ここで細胞を料理して、一部を日焼け細胞と呼ばれるピンク色に大きく膨らんだ変異体に変えます。
さらに、他の細胞の分子構造と核タンパク質を変化させて発がん生変異体になりやすくします。
これが日焼け(日光皮膚炎)です。
日焼けは皮膚がダメージを受けた結果であるだけでなく、そこからまたダメージを引き起こす。
皮膚が炎症を起こすと、フリーラジカルという変異分子が産生され、さらにたちの悪い損傷を引き起こします。
さらに、フリーラジカルの作用は太陽が沈んだ後も長く続きます。肌が赤く熱くなっている間は、作用が続いています。UVBは長い時間かけてメラニン細胞を攻撃し、色素を均等に分配するメラニン細胞の能力はこれに追いつかないため、塊を放出するようになり、濃色の斑点として現れます。

UVA (老化光線)

UVAは、80年代までは無害であると考えられていました。
しかし、短波長UVAは日焼けの原因の20%にあたるだけでなく、細胞のDNAを損傷することと、長波長UVAは真皮深くまで透過して、かつては自然の老化による肌の変化と思われていた大部分が、このUVAが要因であることが、過去15年間で明らかにされました。

真皮に侵入したUVAは、細胞を刺激して、恐ろしいフリーラジカルの産生を促します。危険を察知した免疫システムは、エネルギー光線を異物の侵入と間違えて。、健康なコラーゲン、エラスチンへの攻撃を始めます。
怖いですね。
長期にわたって、攻撃が繰り返されることで、コラーゲン繊維は弱くなり、エラスチンのコイルは凝集して弾性のないかたまりになってしまいます。
ごくわずかなUVAでも、真皮に深刻なダメージを受けてしまいます。

赤外線

赤外線は、何十年もの間、特に影響が明らかになっていないという理由で過小評価されてきました。
しかし、赤外線は、コラーゲンの破壊、フリーラジカルの産生、結合組織を破壊する熱タンパク質の放出を引き起こし、皮膚の老化とがんの危険性の増加に繋がることが研究によって実証されています。

UVAは必ず老化を引き起こすが、UVBは時々しか日焼けを引き起こさないのはなぜ?

地表に届くUVBの量は、季節によって違います。
短波長でエネルギーの高いUVBは長距離走行はしない。
従って、太陽が直接頭上にくる夏の間は、多く届きます。また、雲、衣服、ガラスによっても遮断される。
一方で、UVAはUVBよりも長く細い光線であり、夏も冬も執拗に地表に降り注ぎます。なので、窓を閉めてエアコンが効いた車を運転したり、曇った日に、外に座っていても日焼けをすることはありませんが、残念ながら、老化作用のあるUVAは、たっぷり浴びてしまいます。

時刻もUVAとUVBに影響します。
UVBは、太陽が高く出ている時だけに問題となりますが、午後2時ごろには、放出しきってしまいます。
UVAは、可視光線に波長が近いので、ほとんど一日中存在します。

日焼けのように目に見える反応がない、UVAによるダメージに対して、一年を通して対策を施しましょう!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【前田悟 LINE@】
 
LINE@で友達追加してくれた方【限定】で、お得な情報をプレゼントします。
お気軽にメッセージくださいね‼️
必ずご返信しますので、お待ちしています‼️
 
★スマホの方は、
こちらをワンクリックすると、LINEに登録できます。

https://line.me/R/ti/p/%40vdl1900f
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、
こちらのIDで検索してください‼️

@vdl1900f (@をお忘れなく❗️)

Add Friend

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ